読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小林ジャス子のカバー裏

雑談、あるいは好き勝手にBLの話を垂れ流す的な

2015年7月28日(火)/不幸中のしあわせ(エンゾウ)

いつも使わない路線って不思議にあふれていますよね。

 

今日は所用のため朝からお出かけ。

いつもは乗らない副都心線東急東横線を乗り継いだんですが*1

同じ都内なのにこんなに違うのか…!と驚かされることも多いもので。

 

乗る度思うんですが、副都心線のダイヤってちょっと戸惑う。

今日は朝9時台の電車に乗ったんですが、

こんな早い時間なのに次の電車までの間隔が7分とか開いてて、

「あれ、これ東京のど真ん中走る地下鉄の朝ラッシュのダイヤだよな…?」

と、ちょっと疑いの目を。

ウチの最寄りの丸ノ内線は、日中でも6分に1本は電車来るのでな…

かと思えば、その次の電車は間をあかずに来るし、

副都心線は気をつけないといけないなぁ…と思いました。

 

 

不幸中のしあわせ (アイズコミックス)

不幸中のしあわせ (アイズコミックス)

 

重版決定おめでとうございます!ということで。

 

いやーコレ超面白いです。

ていうかエンゾウ先生が鬼才。ここ数年で出てきたBL作家さんではトップレベルだと思うの…。

ストーリー展開にしても、テンポにしても、

キャラクターの描き方にしても、絵の描き込みにしても、

どれも素晴らしい。

 

本作「不幸中のしあわせ」はコメディ色の強い作品ですが*2

各所にちりばめられた笑いの要素はどれもしっかり笑えるし、

キャラクターがとても活き活きと動いていてみんな魅力的だし、

かと思えばシリアスな締めるシーンはしっかり感動させられるし。

 

特に出てくるキャラクターみんなに個性があって、

しかもそれがとても活き活きと魅力的に描かれているのはぜひ見て欲しい。

きっと皆さん地蔵のファンになることでしょう…。

 

エンゾウ先生、もっともっと人気が出てもいいと思うんだけどなぁ…。

というか、もっと人気出て欲しい、みんなに読んで欲しい…

*1:直通なので実質乗り継いでいませんが

*2:というかコメディ作品

Amazon.co.jpアソシエイト


ここに記載されているものは個人の感想であり、特定の団体等とは一切関係はございません。